NLP

NLPとは?

NLPとは1970年代に米国カリフォルニアで始められた言語学と心理学を組み合わせた実用的な学問のことです。

別名脳と心の取扱説明書とも呼ばれている最新の心理学です。

NLPは数学者のリチャード・バンドラーと言語学者のジョン・グリンダーによって開発された心理学であり言語学であり、心理療法です。

NLPは世界のトップビジネスシーンやスポーツの世界でも幅広く活用されており、また多岐に渡る業界著名人が学び活用しています。

元アメリカ大統領のバラク・オバマやレディ・ガガ、タイガーウッズ、マザーテレサなどそうそうたる方々が学んでいます。

日本人でもメンタリストのDaiGoさん、勝間和代さん(著述家・評論家)などの著名人も学んでいます。また世界No.1コーチと言われるあアンソニーロビンズもNLPを活用しています。

 

NLPとはそれぞれNLPの頭文字を取ったものとなります。

◆神経(Neuro)
人間は五感を通して世界を通して世界を認識し、情報を出し入れしている

◆言語(Linguistic))
五感を通じて得られた情報をコード化し、意味を与えて思考や行動を整理し、他の人と通じ合うために言語を用いる

◆プログラミング(Programing)
体験や経験によって構築された人間の中にあるプログラム

NLPはセラピーの分野で有名だった3人の天才と称されたセラピストを分析し、誰でも同じような結果が出せるような共通パターンを見出し、再現できるように体系化された心理学です。

3人の天才とは・・・

ゲシュタルト療法の「フリッツ・パールズ」
家族療法の「バージニア・サティア」
催眠療法の「ミルトン・エリクソン」

※ゲシュタルト療法・・・他者との、あるいはコミュニティでの、そして環境全般とのコンタクト(接触)を改善するというゴールをもった、プロセス的、関係的(relational)心理療法

※家族療法・・・精神療法・心理療法であり、クライアントや家族への理解と支援を行う対人援助の大きな領域<

※催眠療法・・・普段閉じている潜在意識の扉を開け、潜在意識の中に注意を向けていく心理療法

3人は全く異なったアプローチを行うセラピストでしたが、それぞれが独創的で劇的な成果を出していました。

NLPはこの3人の天才を元に「ことばの使い方」や「ノンバーバル(非言語)の使い方」、「無意識の活用の仕方」を科学的に分析し体系化し、誰もが実践で活用できるようになり大きく発展していきました。

欧米を中心にセラピー(心理療法)の分野で急速に広まったNLPはその後5人を中心とした継承者の功績により様々な分野で活用していくようになりました。

NLPの継承者

・タッド・ジェイムス(タイムライン・セラピー)
・コニレイ・アンドレアス(コア・トランスフォーメーション)
・ロバート・ディルツ(ニューロ・ロジカル・アライメント)
・ティム・ハルボム(NLPマネークリニック)
・クリス・ハルボム(DSR)

NLPは

・自分自身の思考や行動パターンをより良く変化させていくためのスキル
・より良好な対人関係を実現するためのコミュニケーションスキル

などで仕事や対人関係、人生全般へ応用可能なスキルが数多くあり、近年日本でも学ぶことがブームとなっていて、幅広い年代層に受け入れられ、学ぶ方が急増しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です