音声読み上げソフトのオススメは?(ナレーションの作成)

早瀬
動画に音声読み上げを入れて差別化しよう!

YouTubeの動画で文字スクロールの動画が多くなっていますが、読み上げ(ナレーション)が入っているものと入っていないものがありますよね。

YouTubeの動画では音声が入っているだけで雰囲気がガラっと変わって他の動画との差別化ができて自分の動画の質も上がります。

 

音声読み上げソフトのオススメは?

 

とはいえ、音声の読み上げを入れるってすごくレベルが高そうに感じませんか?

実はこれ非常に簡単で、読み上げソフトを使うだけなんです!

 

とはいえ、読み上げソフトって何を使えばいいの?という人にオススメなのが、「かんたん!AITalk3」になります。

こちらは有料の音声作成ソフトなのですが、初心者にもオススメで文字を入れるだけで音声が出来上がるという非常に簡単なものになります。

 

かんたん!AITalk 3 -5話者パック

音声を作成する手順

手順①:音声にしたいテキストを入力する。

手順②:誰の声で読み上げるかを選択する。

 

5話者パックでは、5人の中から選ぶことができます(関西弁だと2人追加されています)

手順③:効果を選ぶ

「音量」「話速」「高さ」「抑揚」を調節することができます。

それぞれ『0.0~2.0』までで調節できます。

自分の動画の雰囲気に合うように調節しましょうね。

 

単語を登録する

 

AIトークは非常に簡単に音声を作ることができるのですが、やはり機械ですので、間違って読み上げたりもします。

人や地名の名前などは特に間違いがあります。

 

例:鳥越俊太郎

こちらは「トリゴエシュンタロウ」が正解なのですが、「トリコシシュンタロウ」と読み上げてしまいます。

スポンサーリンク

 

この解決方法としては、ひらがなもしくはカタカナで入力する。

という方法もあるのですが、下段の単語編集で単語の読み方を登録することができます。

 

見出しの欄に「鳥越俊太郎」と入力する。

読みの欄に「トリゴエシュンタロウ」と入力する。

 

左下の再生で読みとアクセントの確認ができます。

左の●とーでできたグラフのようなものがアクセントの付け方になりますので、こちらも自分で調整できます。

これでOKと思ったら登録を押して登録できます。

読み方は合っているが、アクセントがおかしいという場合もアクセントだけ調整して登録ができます。

 

登録した単語の削除

 

一覧を押せば、これまで登録した単語を確認でき、ここから削除したいものを削除できます。

無料の読み上げソフトとの比較

 

読み上げ内容

今日はあいにくの雨模様ですね。こんな日は外出せずに家でおとなしくするか、もしくは近くのショッピングセンターなどにいって過ごしましょうね。

■AIトークで作成したもの

 

■無料ソフトで作成したもの①(テキストーク)

 

■無料ソフトで作成したもの②(SofTalk)

 

読み上げソフトは無料でも作ることができますが、やはりAIトークとは精度やクオリティが違います

 

以前私も無料の読み上げソフトを使っていましたが、個人的にはちゃんと変換されないことにイラっとくることが多く、時間が非常にかかっていました。

有料ソフトにしてからはサクサクになってストレスも減りましたし、一度購入すれば永久に使えますので、音声読み上げを検討されている方は有料ソフトを使用することをおススメいたします。

 

かんたんAITalkはこちらから

かんたん!AITalk 3 -5話者パック

 

作成した音声をムービーメーカーで重ねる方法

 

音声を作成したらムービーメーカーに挿入することができます。

ホームタブから「ナレーションの録音」右側の▼ボタンから「サウンドの追加」を選択すると動画に挿入することができます。

挿入すると茶色のバーが追加されます。(緑のバーはBGMのバーになります)

音声と画像を合わせるには追加した音声の長さに画像の長さを合わせるとうまく調節できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です