パソコン画面の録画や自分の声を録音する誰でも簡単にできるやり方

早瀬
パソコンの画面を録画するにはどうしたらいいのでしょうか。PCに詳しくない私でも出来たやり方になります

YouTube上でよくパソコンの画面を録画(キャプチャ)して、パソコンの画面を動かしながら話している人がいますよね。

私も自分のYouTubeチャンネルで画面を見ながらしゃべっています。

今でこそ私はできるようになりましたが、以前はパソコン画面を録画しながら話すなんてどうしたらいいのか見当もつきませんでした。

調べ始めたころは、無料でできないものかと何とかいろいろ調べてやってたのですが、変なソフトばかりインストールしてしまい、全くできなかった思い出があります(笑)

今回は無料でしかも簡単にパソコン画面を録画、録音でき、自分の声も録音する簡単な方法についてご紹介します。

 

誰でも簡単にしかも無料でパソコン画面を録画できるソフト

 

初心者でも簡単におすすめなソフトがBandicam[バンディカム] というソフトになります。

 

このソフトは操作がすごく簡単でボタン一つで録画ができます。

PCに決して詳しくない私でも初めてこのソフトを使ったときに、衝撃的に簡単でしたので、この記事を見ているあなたでもめちゃくちゃ簡単にできると思いますので、安心してくださいね☆

 

無料版と製品版の違い

 

『Bandicam』には無料版と製品版の2種類があります。

無料版と製品版の違いは録画時間とBandicamのウォーターマークの有無になります。

無料版の録画時間は10分以内で録画した画面の上部に『Bandicamのウォーターマーク』が入ります。

製品版の録画時間は無制限でロゴも入りません。

あとはほとんど変わりません。(笑)

 

製品版の場合1台のPCにつき1ライセンスになります。

2台のPCで使いたい場合は割安で購入が可能です。(1台だと4,320円、2台だと6,480円、以降1台ごとに3,200円となります)

2台同時にライセンスを取ると2台目は2,160円になるのですが、最初に1台買って、別の機会に買うと3,200円になりますので、複数のPCで使う予定のある方は最初から2台分買った方がお得になります。

先に無料版をインストールしてからあとで製品版にアップグレードすることもできます。

スポンサーリンク

 

Bandicamの使い方

 

ソフトをインストールするとアイコンがでますので、そちらからソフトを立ち上げます。

ソフトを立ち上げると、画面を録画する範囲を選択します。

フルスクリーンか決まったサイズがありますが、あとで手動で変更ができます。

範囲が決まったら録画ボタンを押して録画スタートです。

 

終了するときは録画停止を押せば自動でフォルダに保存されます。(保存場所は「一般」というところの「…」を選択し、任意の場所に変更できます)

 

こんなこともできます

 

録画中に描画できる機能もついています。

「ペンで書き込む」「蛍光ペンでマーカーを引く」「ナンバリングをする」「文字を挿入する」「矢印」「四角形」などができます。

消したいときは「消しゴムマーク」をドラッグすれば消えます。

 

録画、録音ができないなどの場合はこちらのページに解決策が載っていますので参考にしてみてくださいね。

 

 

今回はBandicamの簡単な使い方について記事にしました。

ちょっとした録画でよいのであればこちらで十分だと思います。

本格的に使っていきたいのであれば、ぜひとも製品版の購入をおすすめします。

ちなみに私は比較的早い段階で10分しか録画できないことにストレスを感じさっさと製品版にしました(笑)

他にもゲーム実況やリアルタイム録画などができますので、ぜひ活用してみてください。

Bandicamのページはこちらから

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です