YouTubeカードを設定して他の動画へ誘導しよう!

早瀬
YouTubeの動画にカードを設定して他の動画へ誘導しよう!

YouTubeのカードとは?

カードとは動画の再生中に画面の右上に出現され、他の動画や再生リストなどに誘導することができます。

「i」のマークが表示され、視聴者がこちらを押すとさらに詳細が見れ、そのまま他の動画に飛ぶことができます。

テキストが表示されるタイミング以外はiマークのみが表示されます。

 

こちらは自分の好きな時間のタイミングで設定でき、また動画や再生リスト以外の設定もでき、スマホでも表示されます。

カードの設定方法

動画の編集から「カード」を選択します。

下の部分にタイムラインが表示されますので、こちらに自分で設定したいカードを設定したいタイミングに挿入する形になります。

カードは

「動画または再生リスト」

「チャンネル」

「アンケート」

「リンク」

から選ぶことができ、ここから5個まで設定できます。

(例:「動画4+再生リスト1」「動画2+再生リスト1+チャンネル1」など)

※リンクは設定がややこしく初心者には難しいため今回は割愛します。また別の機会に解説しますね。

 

動画または再生リスト

自分のチャンネルの動画や再生リストに誘導することができます。

スポンサーリンク

またURLの欄から他のチャンネルの動画や再生リストも設定できます。(同じものは2回は入れれません)

任意ですが、テキストメッセージを入れることもできます。

 

チャンネル

他のチャンネルに誘導することができます。(自分のチャンネル登録への誘導ではありません)

URLの欄には他のチャンネルのトップページのURLを入力します。

テキストメッセージは必須になります。

補足
思わずカードをクリックしたくなるような誘導文を入れましょう!

 

アンケート

視聴者にアンケートをとることができます。

選択式のアンケートを作ることができ、視聴者は1つ選択することができます。

アンケートの結果はアナリティクス上から確認することができますので、結果は今後のチャンネル運営の参考にしていきましょう!

補足
動画内で「アンケートがあります」などと案内して、視聴者とコミュニケーションを取りましょう。

 

まとめ

カードが挿入されると以下の図のようになります。

 

カードはあまり入れすぎると視聴者さんにとって邪魔になることもありますので、カードとカードの間隔はあけるようにして、また動画の長さに応じて適切なカードの数を挿入するようにしましょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です