YouTube限定公開動画の危険性に注意!

こんにちは。

早瀬です。

 

以前の記事で

「YouTube動画を限定公開するやり方」

をご紹介しました

今回はその限定公開した動画が見られる危険性について書きたいと思います

 

動画を限定公開に設定した場合、

動画のURLがわかる場合のみ再生されることになります

なので、URLを知らない人は動画を見れないということになりますが、

動画をアップロードし、限定公開にしても実は見られる危険性があります

 

限定公開の動画が誰でも見られるようになる危険性①

限定公開動画のURLを知っている人が別の人にそのURLを教える

できるだけ他人には動画のURLを教えないように!と釘をさしておきましょう

14

 

限定公開の動画が誰でも見られるようになる危険性②

YouTube動画に再生画面の下の共有から埋め込みコードというボタンがあります

 

12

 

この埋め込みコードを使ってブログ等に動画を埋め込めるのですが、

スポンサーリンク

限定公開にしている動画でもこの埋め込みコードは使えます

 

URLを知っている人が自分のブログなどに動画を埋め込むと

そのブログからは誰でも再生できるようになります

 

これも合わせて、ブログ等の埋め込みもNGだということを伝えておきましょう

 

2

 

限定公開の動画が誰でも見られるようになる危険性③

YouTubeでは再生リストを作ることができます

この再生リストにも限定公開の動画を入れることが出来るのですが、

この再生リストを公開にすると限定公開の動画も見られるようになります

 

なので、限定公開の動画を誰でも見られないようにするには

再生リストに入れない、もしくは再生リストの公開設定も

限定公開もしくは非公開にしておきましょう

 

13

 

動画自体をせっかく限定公開に設定しても以上のようなことで

動画を見られる危険性がありますので、注意しておきましょうね

 

YouTube動画の公開設定についてはこちらの記事も合わせてご覧くださいね

↓↓↓

「YouTube動画を限定公開するやり方」

 

それでは

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です