Windowsムービーメーカーで結婚式のスライドショーのように画像を流す作り方

早瀬
ムービーメーカーを使った画像スライドショー動画の作り方を解説します

YouTubeアフィリエイトが浸透し始めてきて、YouTube上で画像スライドショー動画をよく見かけるようになり、YouTubeで稼ぐ人だけでなく、一般の人も画像スライドショー動画を見たことある人は多いのではないでしょうか。(画像スライドショー動画とは結婚式のムービーで流れるような画像が切り替わっていくような動画です)

「動画を作るのは難しい!」というイメージがありますが、この画像スライドショー動画は誰でも簡単に作ることができますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

今回はWindowsに初めからインストールされているソフトで「Windowsムービーメーカー」を使用します。

(Windows10にアップデートされてからはデフォルトでインストールされていなくなっています。また現在は配布は終了しています。)

 

Windowsムービーメーカーをお持ちでない方はこちらからインストールできます。

 

今回はこちらの動画の作り方を解説しています。あくまで作り方の一例になりますので、手順①以降は順番は問いませんので、自分のやりやすい方法でやっていきましょう。

↓↓↓

 

手順① 画像の読み込み

ムービーメーカーを立ち上げる。

「ビデオおよび写真の追加」をクリックし、画像を選ぶ。

一気に複数の画像を選択すると一気に取り込まれ作業時間の短縮につながります。

(今回のサンプル動画では「おもしろ画像集」というテーマにしています)

 

手順② 画像の長さを調整する

「再生時間」からそれぞれの画像の長さを調整します。(デフォルトは7秒になっています。早すぎず遅すぎずが理想です。)

画像を複数選択すると、複数画像を同時に変更することができます。

手順③ アニメーションをつけて画像と画像を切り替える

「アニメーション」を選択し、画像と画像の切り替えの際のアニメーションを選ぶ。

画像を複数選択すると、複数画像を同時に変更することができます。

また「視覚効果」を選択すると画像を加工したりすることもできます。

「複数の特殊効果」から同時に複数の特殊効果をつけることができます。

スポンサーリンク

補足① 画像の入れ替え

画像の順番を入れ替えたい時は下記の図のようにすると画像の順番を入れ替えることができます。

手順④ BGMを追加する

「音楽の追加」をクリックすると、緑のバーが追加され、こちらが音楽になります。

音楽は画像の長さに合わせて追加されます。

(例えば60秒のBGMだとしても、画像が30秒の場合、BGMは最初の30秒が流れるようになります)

 

フェードイン、フェードアウトをつけたりして、動画にメリハリをつけることも大切です。

動画の雰囲気に合ったBGMを選びましょう。

BGMについてはこちらも参考にしてくださいね

 

手順⑤ ファイルを保存する

ファイルから「ムービーの保存」を選択する。

設定を選び、任意の場所に任意のファイル名で保存します。(オーディオのみにすると音声だけが保存されます。映像は保存されません。)

補足② その他覚えておきたい操作

その他覚えておきたい操作は下図になります。

まとめ

今回は画像スライドショー動画の基本的な作り方だけ解説しました。

慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、動画をたくさん作ることで、使いこなせるようになってきますので、実際に使ってみて慣れるようにしましょう。

 

ムービーメーカーの使い方はネット上やYouTube上でも使い方はたくさんありますので、わからない所は調べてみましょう。

こちらでもムービーメーカーを使った別の動画の作り方を解説していますので、参考にしてくださいね。→ テキストスクロール動画の作り方

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です