Windowsムービーメーカーで文字をエンドロールのように流す作り方

早瀬
ムービーメーカーを使ったテキストスクロール動画の作り方を解説します

YouTubeアフィリエイトが浸透し始めてきて、YouTube上でテキストスクロール動画をよく見かけるようになり、YouTubeで稼ぐ人だけでなく、一般の人もテキストスクロール動画を見たことある人は多いのではないでしょうか。(テキストスクロール動画とは映画のエンドロールのように下から上に文字が流れていく動画です)

「動画を作るのは難しい!」というイメージがありますが、このテキストスクロール動画は誰でも簡単に作ることができますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

今回はWindowsに初めからインストールされているソフトで「Windowsムービーメーカー」を使用します。

(Windows10にアップデートされてからはデフォルトでインストールされていなくなっています。また現在は配布は終了しています。)

Windowsムービーメーカーをお持ちでない方はこちらからインストールできます。

今回はこちらの動画の作り方を解説しています。あくまで作り方の一例になりますので、手順①以降は順番は問いませんので、自分のやりやすい方法でやっていきましょう。

↓↓↓

手順① 画像の読み込み

ムービーメーカーを立ち上げる。

「ビデオおよび写真の追加」をクリックし、画像を選ぶ。

(今回のサンプル動画では木村文乃さんの記事を選んでいるので、木村文乃さんの画像を選んでいます)

画像についてはこちらも参考にしてくださいね

手順② テキストを入力する

「キャプション」をクリックします。(ピンクのバーの部分がテキスト部分になります)

テキストを入力する。(今回は事前に記事をコピーしているので、そのまま貼り付けています)

手順③ アニメーションをつけて、テキストを見やすいように調整する

アニメーションからスライドを選択する。

画像の長さを変えてスクロールを適切な長さに調整します。(早すぎず遅すぎずが理想です。)

秒数で設定します。(1分なら60秒と入力します。)

テキストを入力したら、改行をしたり、色を変えたりして、見やすいようにしましょう。(ここが一番大事です)

スポンサーリンク

手順④ BGMを追加する

「音楽の追加」をクリックすると、緑のバーが追加され、こちらが音楽になります。

音楽は画像の長さに合わせて追加されます。

(例えば60秒のBGMだとしても、画像が30秒の場合、BGMは最初の30秒が流れるようになります)

手順⑤ ファイルを保存する

ファイルから「ムービーの保存」を選択する。

設定を選び、任意の場所に任意のファイル名で保存します。(オーディオのみにすると音声だけが保存されます。映像は保存されません。)

まとめ

今回はテキストスクロール動画の基本的な作り方だけ解説しました。

慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、動画をたくさん作ることで、使いこなせるようになってきますので、実際に使ってみて慣れるようにしましょう。

ムービーメーカーの使い方はネット上やYouTube上でも使い方はたくさんありますので、わからない所は調べてみましょう。

こちらでもムービーメーカーを使った別の動画の作り方を解説していますので、参考にしてくださいね。→ 画像スライドショー動画の作り方

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です