YouTubeに動画をアップロードした後の情報の追加・修正方法

早瀬
動画をアップロードした後、情報を追加・修正する方法を解説します!

 

動画の情報を追加・修正する

YouTubeに動画をアップロードした後に、サムネイルを変更したり、説明文に追記したり、情報を追加・修正したりする場合があります。

クリエイターツールの「編集」から情報の追加・修正ができます。

基本的には、はじめてアップロードする時と同じ画面となります。

 

注意

公開設定は「公開」「限定公開」「非公開」のみになります。

「スケジュール設定」は初回のアップロードの時にしか設定ができませんので、ご注意ください。

「スケジュール設定」にしている場合だとアップロードの日程と時間は変更できます。

 

詳細設定を変更する

動画の詳細設定を変更する場合は下図のようになります。

スポンサーリンク

 

①・・・コメントを許可するかどうか。チェックを外すと動画のコメント欄に「この動画はコメントできません」となります。

②・・・評価をユーザーに表示するかどうか。チェックを外すとグッドマークとバッドマークのみが表示され、評価の数字は視聴者には表示されません。押すことはできますので、自分だけが数字を確認することができます。

③・・・ブログなどに動画を埋め込むことができるかどうか。

④・・・チェックを外すと視聴者がこの動画の統計情報を見れなくなります。

補足
上記の他に収益の設定がされていれば「収益」という項目もあり、収益化するかどうかの設定もできます

 

動画の再生画面から情報を追加・修正する

クリエイターツールの「編集」の他にも動画の再生画面からも「説明文」と「公開設定」の変更ができます

何度も修正や追加をすると時間がかかりますので、できるだけ最初のアップロードの時点でしっかり設定し、新規の動画をアップロードしていくことに時間を割いていきましょう

合わせて読みたい → YouTube動画のアップロードのデフォルト設定をして作業時間を短縮しよう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です